ペットにとってフローリングが危険な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

閲覧ありがとうございます。

 

当サイトでは、どうしてペットにとってフローリングは危険なのか

 

そして、フロアコーティングとは何なのかをご紹介します。

 

 

可愛いペットを守るため、是非ご一読いただければと思います。

 

 

フロアコーティングをおすすめする理由

このサイトでは、どうしてペットにとってフローリングが危険なのか、そしてフロアコーティングとは何かご紹介します。

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

可愛いペットが怪我をする前に。フローリングに傷や汚れがついてしまうまえに。

 

フロアコーティングを実行しましょう。

 

フロアコーティングって何?

フロアコーティングとは、その名の通り「フローリングをコーティング」することです。

 

 

みなさん、フローリングワックスをされていますか?

 

 

ワックスは、基本的に数カ月に一度しなければなりません。

 

もししなかった場合、フローリンク表面の膜がとれてしまい、傷がつきやすくなってしまったり、汚れがこびりつきとれなくなってしまったり…様々な悪影響が出てきます。

 

そのため、ペットを飼っている方であれば必ず行わなければならないワックスがけですが…

 

 

めんどい!

 

 

非常に面倒なのです。

 

一回ワックスをかけるだけでも…

 

  1. 部屋の家具をどける
  2.  

  3. 部屋全体を掃除し、ホコリを除去する
  4.  

  5. ワックスをかける
  6.  

  7. 数時間待機
  8.  

  9. 家具をもとの位置に戻す

 

本当に大変な作業です。これだけで一日終わってしまいます。

 

 

私も実際にフローリングワックスをかけていましたが…本当に面倒でした。

 

 

そんなときに知ったのが「フロアコーティング」です。

 

フロアコーティングのメリットとは

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

フロアコーティングは、簡単に言えば「強力ワックス」です。

 

 

一度フロアコーティングをしてしまえば、20年、30年は効果が持続します。

 

また、その効果に関してもワックスとは比べ物になりません。

 

 

まず、ペットにとって優しい「グリップ力」が強くなります。

 

つまり、滑りにくいといことですね。

 

 

フローリングは、ペットにとって非常に危険です。

 

滑りやすく、こけやすい。

 

打ち所が悪ければ、骨を折ってしまうことだってあります。

 

 

フロアコーティングをすることで、滑りにくくなり、こけにくくなります。

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

さらに、フローリングの表面をコーティングしているわけですから「撥水性」や「傷に対する強さ」もあります。

 

 

フローリングの上でペットがおしっこ等をしたとしても、フローリングに染み込みません。

 

通常であれば、すぐにシミになり、落ちなくなってしまいます。

 

しかし、フロアコーティング上であればただふき取るだけでキレイになります。

 

 

また、フローリングにワックスも塗っていない場合であれば、フローリングはすぐに傷だらけとなります。

 

特に、犬を飼っている場合は要注意!

 

小型犬であれば、細かい傷がたくさんできます。

 

大型犬であれば、目視ですぐにわかるような、大きな傷ができます。

 

 

そういったことも防止してくれるのがフロアコーティングとなります。

 

 

特に、ペットを飼っている方にフロアコーティングをする割合が高く

 

最近では、ペット用のフロアコーティングまで出てきました。

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

こちら、ワンラブコートという「ペット用のフロアコーティング」です。

 

普通のフロアコーティングの能力に加え、グリップ力を強くしたものとなります。

 

 

また、ワンラブコートの中で紹介されているUVコーティングがこちらです。

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

UVコーティングの特徴は「耐用年数の長さ」です。

 

他のフロアコーティングは基本的に「20年」ですが、UVフロアコーティングは「30年」。

 

つまり、フロアコーティングの効果が30年続き、その間ワックスを塗る必要がありません。

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

見た目的には「ピカピカ」になります。

 

もちろん、ずっとピカピカが続くわけではありませんが、ピカピカしなくなったとしても、少し磨けばまたピカピカになります。

 

フロアコーティングはすべき?しないべき?

フロアコーティングのデメリット。それは

 

値段が高い

 

ということです。

 

 

先ほど挙げたUVコーティングの場合、1uあたり4000円近くかかります。

 

また、一番安いシリコンコーティングと言われるフロアコーティングの場合でも、1uあたり2400円となります。

 

ペットにとってフローリングは危険!?フロアコーティングのススメ

 

あなたの家の広さで金額を計算してみましょう。

 

おそらく、10万円を超えるのではないでしょうか。

 

 

しかし、それらはすべて『初期費用』となります。

 

 

ワックスをかける場合は、数カ月に一度、ワックス代が必要となります。

 

また、大変な労力も必要です。1日作業になるでしょう。

 

さらに、ペット用のワックスとなれば、普通のものよりも高価なものとなります。

 

 

それらをすべて換算すれば、フロアコーティングがいくら初期費用が高いと言っても、お得に感じませんか?

 

 

フロアコーティングは、一度してしまえばそれ以降はメンテナンスがいりません。

 

掃除に関しても、汚れたら拭くだけ、はくだけ。非常に簡単です。

 

また、フローリングは普通に生活していても、数年すればボロボロになります。

 

10年で張替、なんてこともあるでしょう。

 

 

しかし、フロアコーティングをしていれば、それらもしなくて構いません。

 

常にピカピカ。メンテナンスフリー。それがフロアコーティングの持ち味となります。

 

 

最初は「フロアコーティング高すぎ!」と思うかもしれません。

 

しかし、実際将来のことを考えれば、そこまで高くない出費となります。

 

できるだけ安く、質のいいフロアコーティングを!

フロアコーティングをしよう!と思って、適当な会社にお願いするのはやめましょう。

 

会社によって、金額は全く違います。フロアコーティングの腕も全く違います。

 

 

ワックスをフローリングに塗ったことのある方であれば、経験があるのではないでしょうか。

 

「どうしてもムラがでてしまう…。」「ハケのケが取れて、一緒に塗ってしまった…。」

 

 

下手な業者の場合、それらもあり得てしまうのです。

 

実際、フロアコーティングの口コミを見ていると、そんな人たちもいます。

 

 

そのため、最初の「業者選択」は非常に重要となります。

 

 

お近くにフロアコーティング会社が複数あるのであれば、いろいろまわってみましょう。

 

それぞれ金額が違い、対応も全く違うと思います。

 

本当に信頼できそうなフロアコーティング会社を選びましょう。

 

 

また、近くにフロアコーティング会社が無いのであれば、こちらの会社がおすすめです。

 

フロアコーティング【COLOR】

 

こちらの会社は、技術力もあり、そして安価です。

 

無料で見積もりもできますので、是非ご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加