ペットとガラスコーティング

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペットとガラスコーティング

 

ガラスコーティングペットを飼っている人にはあまりおすすめできません。

 

その理由について、このページでは解説していきます。

 

 

ガラスコーティングとは

 

ペットとガラスコーティング

 

ガラスコーティングの特徴は 傷に対する強さ質感 です。

 

傷に対する強さ

 

ガラスコーティングは、フロアコーティングの中でも傷に対して非常に強いという特性を持っています。特に擦り傷に強く、家具をちょっと擦っただけでは傷がつかないほどとも言われています。

 

質感

 

ペットとガラスコーティング

 

上の画像がガラスコーティングを行った後の写真となります。

 

ちなみにですが、下の画像はUVフロアコーティングの写真です。

 

ペットとガラスコーティング

 

ガラスコーティングのほうが「テカテカしていない」というのが分かるでしょうか?

 

基本的にフロアコーティングはツヤが出ます。

 

そのツヤに対して「高級感がある!」と思う人もいますが「ちょっと下品…」と思う人もいます。

 

 

「フローリングならではの木の風合いを生かしたい!」という方にはガラスコーティングをおすすめします。

 

ペットとガラスコーティングの相性は?

 

あまりおすすめはしません。

 

というのも、他にもっとペットにあったフロアコーティングがあるからです。

 

 

ガラスコーティングがダメ!というわけではもちろんありません。

 

傷に対して非常に強いため、ペットが家の中を走り回っても、傷もつかないでしょう。

 

 

ただし、他のフロアコーティングに劣っている点が一つあります。

 

それは グリップ力 です。

 

 

ペットを飼っている方であれば、気にするのはグリップ力なのではないでしょうか。

 

 

もちろん、ペットのおしっこなどの処理を気にする人もいるかもしれません。その点に関しては、ガラスコーティングは非常におすすめできます。

 

しかし、UVフロアコーティングでもシリコンコーティングでも、それらの効果はありますし、なによりグリップ力が強いというメリットがあります。

 

さらに、UVフロアコーティングであれば耐用年数が長く、シリコンコーティングは初期投資を抑えることができるため、そちらを選択した方がいいのではないかな?と私は思います。

 

ガラスコーティングはどんな人におすすめ?

 

ガラスコーティングはペットを飼っている人にはおすすめできませんが、もちろん「傷に強い」「ツヤがうすい」などの強みもありますので、誰にもおすすめできないわけではありません。

 

よく模様替えをする人

 

ガラスコーティングは特に擦り傷に強いフロアコーティングとなります。

 

他のフロアコーティングでは傷がついてしまうような強めの衝撃であっても、比較的傷がつきにくいものとなります。

 

そのため、家具をよく移動させる方にとっては非常におすすめなフロアコーティングとなります。

 

 

また、さきほどグリップ力が弱いと書きましたが、普通のフローリングよりは確実にすべりにくくなっています。

 

あくまで他のフロアコーティングと比べてグリップ力が弱い、というだけで、滑りやすいわけではありません。そのため、ペットを飼っていない人にとってはむしろ傷がつきにくく、おすすめできるフロアコーティングとなります。

 

木の風合いを残したい人

 

先ほども書きましたが、ツヤがあまり出ないことが特徴のフロアコーティングとなります。

 

フローリングの木にこだわりのある人にとっては「下品なツヤ」が出ることを嫌う人もいると思います。

 

そういった方には是非、ガラスコーティングをおすすめします。

 

もしフロアコーティング選びに困ったら専門家に相談!

 

フロアコーティングは、ここで紹介しているメジャーなものの他にも、様々なものがあります。

 

ペットとガラスコーティング

 

「どれにしようかな?」とここで決める必要は全くありません。

 

専門家のほうが、どんな方にはどんなものがオススメということをしっかり理解していますので、是非専門家へ相談してみましょう。

 

 

特に、会社によって取り扱っているフロアコーティングが違うこともあります。

 

このサイトで紹介しているワンラブコートに関しても、取り扱っている会社の方が少ないのではないでしょうか。

 

 

どの会社を選択しても、あなたにあったプランやアドバイスをしてくれると思います。

 

無料見積りを行ってくれる業者さんもいますので、是非そちらに相談しながら、ゆっくりと決めていきましょう。

 

 

ペットとガラスコーティング

 
このエントリーをはてなブックマークに追加